NEWS
鍼灸専門・森風堂治療院からのお知らせ/院長プロフィール

臨時休診などについてお知らせします/院長プロフィールも紹介しています

ご自身のいのちの力を信じていますか?

いのちは、常に体を良くしようとしています。悪くしようとはしていません。それを信じられれば正しい対処が行えます。

症状をただ抑え込むような対処は避けなければなりません。

体が取り組んでいることを邪魔しないこと、協力してあげることが大切です。

森風堂治療院の鍼灸治療は、抑え込む治療ではありません。

いのちの力の働きと体の取り組みに協力する治療です。

  • ホームページの修正作業中(続報)

    2019/02/18

    ただ今、ホームページの修正作業中ですが、文字情報はほぼ修正が済みました。

  • ホームページの修正作業中

    2019/02/09

    ホームページ制作会社による制作内容が、当院の実際や想いを正しく反映していないため、全面的な修正作業を順次行っています。

    修正作業が終了しましたらお知らせします。

    ご迷惑をおかけ...

  • ホームページを作り変えました

    2017/09/26

    森風堂治療院は、一年前に、それまでの店舗より京王線・多摩モノレール「高幡不動」駅に近い、マンションの一室に移転しました。

    駅を利用される方には便利になりました。

    駅を利用されな...

院長プロフィール

治療家になるまで

心に悩みの多い思春期、青年期を過ごしました。臨床心理学に関心を持つことによって、混沌とした内面を整理していく作業に取り組むことができ、一方で、スポーツを通して体と出合います。「体のいのち」と「樹木のいのち」が共鳴する体験に導かれ、それが原体験となって、いのちと向き合う方向へ進みたいと思うようになります。試行錯誤、紆余曲折を経て、西洋医学を学びリハビリテーション専門職(作業療法士)となり、病院や医療専門学校に勤務しました。精神科、児童精神科、神経内科、整形外科などで臨床経験を積み、その後、後進の教育にも携わり、治療家としての基盤づくりが整います。体と心の関係を模索するなかで気功と出合い、気に出合います。そこから東洋医学、鍼灸師という道に導かれました。

 

開院、そして移転

日野市に両親が住んでいた縁で、17年ほど前に多摩モノレール万願寺駅近くに住むことになります。2004年9月に開院するにあたり、住む地域に根を張り、地域の人たちのお役に立ちたいと思い、自宅から近い、京王線・多摩モノレールの高幡不動駅近くに開院の地を選びました。高幡不動駅は、都心と多摩地域を東西に結ぶ京王線と、多摩地域の南北をつなぐ多摩モノレールとの乗換駅です。近隣からだけでなく、周辺地域や遠隔地域からも来院していただきやすいところに位置しています。2016年10月、開院して13年目に入ったところで、利便性を高めるために、さらに駅に近い現在の場所に移転しました。

 

 

■国家資格 はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師、作業療法士

■所  属 全日本鍼灸マッサージ師会、全日本鍼灸学会、日本統合医療学会など

■趣  味 高校時代はボート、その後は山歩き・森歩き、テニスに夢中になりました。現在はそれらからは遠ざかっています。最近は、雑木の庭と家庭菜園、気持ちのよい空間散策、車での小旅行、読書が愉しみです。

■今  後 治療院活動とともに、少しずつダーチャ活動にも取り組み、ダーチャのあるライフスタイル(デュアルライフ)を目指したいと思っています。趣味やダーチャについては、SNSで発信する予定です。

 

<卒業>早稲田大学高等学院・商学部、国立犀潟療養所付属リハビリテーション学院、東洋鍼灸専門学校

<勤務>国立精神・神経センター国府台病院、東京武蔵野病院、東京YMCA医療福祉専門学校など